研究者達が研究する理由は続きが気になるからだ。続きが気になる。これしかない。そういうものを見つけられるだろうか?どうやら、うれしい、楽しい、美味しいなどといったファンシーでキューティーでフワフワしたものの中にはそれはありそうにない。だってファンシーでキューティーでフワフワしたものの代表が昨日ネットで見た風俗求人バニラの宣伝だろ。パチンコだろ、着陸地点をうしなったパリコレのエビを着るファッションだろ。

考えろ考えろ考えろ。脳を使いきるまで考えろ。パチンコ風俗パチンコ風俗パチンコの地獄の無限ループに完全に飽きた。そんな欲求は薄れてきた。性欲よりも知的好奇心の方が上回った。本来、何かしらの有機化合物を合成して、どっかの研究所で働いていればこんなこと考えなくてもいいのだが。分析装置も試薬も持たない個人で実験など出来はしない。思えば勉強させられていた大学時代嫌で嫌でしょうがなかったが、高級なコースから外れルーティンワークに従事するようになった今、あの時は勉強させて頂いていたのだ‼ということがわかった。
そこを乗り越えさえすればファンタジーが広がっていたのだろう。
社会から疎外され、学術の世界からも疎外されてしまうと単独で学問する以外にないのだが、勉強する動機が成果をいつか社会に発信する事が目的の場合、辛い。個人で学問出来るか?

パチンコ負けた。パチンコに行く位ならソープかストリップにいった方が良い。どうせ我慢出来ないんだから我慢しなくて良い。毎日何発もオナニーすれば良いし、オナニーすれば良い。努力して堪え忍んでも無駄だ。セックスの回数は増えないし女にも持てないし、生のマンコ見たければa級小倉のストリップ見れば良い。虹歩は魅力的だが、いつまでもいないぞ。ヒカルだってダイナミックで魅力的だったらしいが、見る前に引退してしまった。川中りさこは見たが、
ストリップは躍りのキレだ。ストリップは好きだが、ポラロイドショーが嫌なんだ。パチンコ負けるくらいなら、ソープのマットレスしてもらった方が良い。断然良い。俺はパチンコもソープもやめられないのだろう。ま、勝てもしないパチンコはやめてソープに通った方がお得だ。ソープの、マットが出来る人に入れ。

今日は俺にしては努力した。

ひたすら無心で目の前の課題に取り組んだ。そこには、過去の後悔とかあぁもしこれが有機化学だったらといった左脳周辺のグルグル廻る反芻思考は無かった。ひたすら仕事した。他人の力を借りてだが。清々しい1日だった。思い返せば、ここまで無心で目の前の事に取り組めた事はあっただろうか?てか、俺、やりゃ出来るんじゃねーか?余計な事を考えずに目の前の事をひたすらすれば。

先伸ばしと甘え

地獄のコンビネーションだ。永遠に抜け出せない。底辺のままだ。コミュ力は無い。
風俗に通い詰めたいと思っても金が無い。増やそうとパチンコに行くと負ける。取り返そうとするとさらに負ける。金がなくなり借りる。パチンコにいく。さらに負ける。こうなると、最初からパチンコに行かない方が遥かに良い。
大体、風俗の色恋営業にはまって何回も通って常連になったとするが、お前は一体どうするのだ?
まず付き合えはしない。それと、あのなんとも言えない底辺の感情をどうするのだ。あの底辺の感情を抱えきれなくなって、その子に通うのを回避したんだろう。46時中その子の事を考えて、時間を性欲的思考に支配され、意味もわからず音楽が聞きたくなって情緒的思考が加速しても、金の切れ目が縁の切れ目だぞ。
結論として、風俗嬢と付き合うには、自分がよほどもてる男か、金に余裕があるか、自爆覚悟で通うかどれかしかない。

グズグズしない

グズグズしてもろくなことはない。さっさと手を動かし、足を動かし、頭を動かせ。
ところで、朝起きて昨日買ったステンレスボトルにコーヒーをいれたのだが、持ってくるのを忘れた。
自分はこう言うのが多い。多すぎる。職場でもメモ帳にやることを書いて処理している。家でもそうしよう。家に帰ってやることを書いてから処理しよう。

良い人生を送るには、何が必要だ?
やはり、脳を使いきったと言って死ねればそれでいいのか?
今、宝くじが当たったら何をするか?ひたすら高級ソープに通い続けて死ぬだろう。
社会的にはクズだ。そんな奴は。自分でもわかってはいるが120%そういう行動をとるだろう。
いつからだ、勉強に可能性を感じなくなったのは。昔知識が増えれば考える材料が増えて、可能性を感じたものだ。それがレベルが上がるにつれて、よりクリアになるにつれて、仕事でしかないようにかんじられた。苦行だ。
仕事は社会貢献をしている。ハイレベルで替えの効かない仕事をしている人は社会的価値が高い。でも、楽しいのか?
そこまでなるまでに、ひたすら努力したのではないか?
今、遺伝子のランプに火がつきそうだ。
家に帰り安らぎの空間にいると忘れるが会社に行くと思い出すあの感覚。会社でただ作業する苦痛。勉強してればもっとレベルの高い仕事をして、給料も高い( -_・)?だろうなというあの感覚。
おいら、うだうだ下らねぇ事書いてる自分にキレちまいそうだ。手を動かし書いて考えろ。