過剰はよくない

何事も過剰はよくない。漫画を読んだら思考が破壊されるとは誰かが言ってた事だが、全くその通り。バキ・・・あれは読んだら駄目だ。あれは格闘漫画じゃないから。ファンタジー漫画だから。怪我した拳で壁を殴り続けたら複雑骨折のうえ皮膚もボロボロになるし、毒手何て作る途中で死ぬだけだ。何が言いたいかというと、クウネルダスをバキ風に考えるとダスが一番大事で体の中から毒を完全にダス。デトックス。1日10リットルの水を飲み続け、身体中の汗を出し続けること数年、出せるものは、出し続けた。食ったものから栄養を搾り取り、不要な物は完全にダスツ!!完璧なる吸収と排泄の繰り返しから細胞は永遠の若さを手にいれた!!っとか描きそうだ。

現実にそれをやると、

ただ食って出しただけでさ、無駄よ無駄。

金と時間の無駄。

現実は漫画とは違って地味だ。あの漫画ではすごいね人体とファンタジーで説明される事も、現代医学で論理的に科学的に説明できる。

幻想に依存して1パラメーターに全てをかけるのは依存性だ。パチンコ依存性と同じだ。